fc2ブログ

2014-09

初めて、

中国でネットショッピングをやってみたんだよ。

使っていたキーボードのEnterキーが壊れて、押した後に戻ってこなくなった。でも「押しっぱなし」の状態になるわけではないので、使えることは使えるんだけど、なんかやだ。

仕事の都合上、使っているのはハングルが書いてあるキーボード。
楽天の海外配送っていう手もあるけど、日本の通販で売ってるんなら、中国の通販にもあるだろう、と思って、中国最大のネットショッピングサイト「淘宝」(タオバオ)で「韓国語 鍵盤」で検索したら、あった。

品物代と送料合わせて36元(約550円)。やっすい。前のは楽天で3000円ぐらいした。さっそく、ユーザー登録して、注文。

注文以降、サイトで検索すると「何時何分に、どこの倉庫から運送業者に渡しました」とか全部履歴が出てる。発送元は天津らしい。
そして、注文から3日経った昨日、届きました。運送屋さんが留学生寮の宅配ボックスに私の携帯番号を入力すると、私の携帯にショートメールが飛んできて、私はそのメールにある暗証番号で宅配ボックスを開けるという仕組み。

昔なら、係の人に聞くと、ぶっきらぼうに「没有」(メイヨウ/来てないよ)と言われるので、「うそーん」と思いながら別の人に聞くと「来了」(ライラ/来たよ)と言われるような、そういうシステム(?)だった。「この国、変わったなあ」って、ほんとにそう思う。

で、箱。なんか、ハングル書いてある気配がないよ。
20140925jianpan1.jpg
Escは「退出」で、Caps Lockは「大写鎖定」というのか。なるほど。いや、なるほどじゃなくて、ハングル表記はどうしたよ。


開けてみたら、書いてあった。ああよかった。
20140925jianpan2.jpg
そして、スペースキーにメーカーのURLが印字してある。こういうの、いらないけど、あったらあったで役に立つ時もありそうな…。微妙。

昨日は、夜、友人がやってる飲食店の韓国語メニューの件で、店に行く用事があったので、持って行ってさっそく使ってみたけど、ちゃんと使えた。わりとよさそう。どうせそのうち壊れるだろうから、これで36元なら、3つぐらい買っといてもよかったかな。

箱を開けて、使ってみるまでわからない。やっぱりこの国、そういうところは変わってなかった。

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

きちい

Author:きちい
韓国語と中国語の翻訳をやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する